味噌カツ丼もおいしいよ

この記事は、かつ丼とカレンダー Advent Calendar 2019に寄稿したものです(12月10日分)。

きゅうりです。
先日手術した家族が、手術室で麻酔から覚めた時に「カツ丼食いてえ」と思わず言った、という出来事があり、ちょっと縁を感じたのでかつ丼さんのアドカレに参加させて頂きました。

カツ丼に関することを書かれている方が多いので、私もカツ丼のことを書こうと思います。

ただし、主に味噌のかかったアレについてです。

名古屋においてのカツ丼と味噌カツ丼の立ち位置

カツ丼といえば、名古屋は味噌カツ丼では?と思われる方もいるかもしれません。

でも実はそんなことはなく、名古屋でもカツ丼はカツ丼です。

なので、前述の「カツ丼食いてえ」は味噌カツ丼のことではありません。通常のカツ丼です。

個人的な感覚での味噌カツ丼の立ち位置は、カツ丼と対をなすものとか同じカテゴリに入るものとか、カツ丼とリンクしているものとかではないです。

それ(カツ丼)はそれ、これ(味噌カツ丼)はこれ 

といった感じです。

なので名古屋で「カツ丼下さい」と注文したらちゃんとカツ丼が出てきますのでご安心を(なにを?)。

味噌カツ丼ってどんなの?

基本的に味噌カツ丼は、カツ丼と違って卵でとじたり出汁で煮たりとかはありません。

・丼のご飯の上に千切りキャベツを敷く
・揚げて切ったカツを乗せる
・赤味噌から作ったちょっと甘めのタレ(つまり味噌)をたっぷり(ここ重要)かける

これがベーシックな味噌カツ丼です。

お店によっては、ネギをトッピングしたり生卵や半熟卵を乗せたりすることもあります。
邪道と言えば邪道なのかもしれませんが、うまければよし。というかうまい。

どこで食べることができるの?

名古屋へ観光に来てくださる方々が味噌カツ丼を求めて行くところ、それはきっと矢場とんだと思います。

矢場とんも確かにおいしいです。ヒレめっちゃ好き。

でも実は、味噌カツ丼ってスーパーのフードコートにだいたいあるんです。
値段は矢場とんの半額くらいのことが多いです。

私たち東海地方の人間は、このスーパーのフードコートかそのへんのうどん屋か定食屋の味噌カツ丼で育ったようなものです。

この手軽さがいいのであって、4桁払ってまで食べるものではない…と個人的に思っています。(余談ですが味噌煮込みうどんも同じ感覚です)

もし名古屋、または郊外や市外に行かれることがあるなら、スーパーのフードコートをオススメします。
中心部より郊外や市外の方が遭遇率高いです。

もし味噌カツ丼がなかったら、多分スガキヤはあるのでそれで勘弁してください。スガキヤは味噌カツ丼ないけど。

丼じゃなく、味噌カツだけでも堪能したいなら

関東に引っ越していった味噌カツ大好きな友人が、ある日コメダ珈琲店に入って味噌カツパンを見つけたので嬉しくなって注文してみると、味噌がちょっとだけついたカツが挟まれていてがっかりした、という話を聞きました。

そう、名古屋じゃなくてもコメダ珈琲店で味噌カツパンを食べることが出来るのです。

ただし、友人ががっかりしたように、東海地方民からしてみたらちょっとコレジャナイ感があるようです。

名古屋めしの味噌料理に、味噌がちょっとだけ、なんてものはないのです。

本音を言うなら、味噌ダレを「かける」じゃなくて味噌ダレに「漬け」たい。
ドボンしたいんですよ。

…まぁ確かに、パンにはさむとくどくなるのかなあ…

うん、やっぱり味噌カツは米に限りますな。

おわりに

これを書いていて、カツ丼も味噌カツ丼も好きだけど、食べた回数は圧倒的に味噌カツ丼が多いことに気付きました。

味噌カツ丼、皆さんも機会があれば是非食べてみて下さいね。
うまいよ!